2017年04月17日

木村沙織の実力

木村沙織の実力は確かなものがあると、テレビの試合でも解説者などが言っていました。
木村沙織選手は幼少の頃から、それこそ小学校の頃からバレーボールを始めています。
木村沙織選手はその後も、バレーボールの超名門として知られる成徳学園高に進学しています。
小中学校時代とはポジションが異なりますが、この頃から、木村沙織選手のプレーには幅が出てきます。
その後、木村沙織選手のいる下北沢成徳高は、全国私学大会で大会初の三連覇を達成しています。
ですが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集されるほど木村沙織選手は重宝されています。
元々両親の影響で、木村沙織選手はバレーボールを始めたと言われています。
この全国的に注目を浴びた大会では、木村沙織選手はセッターとして登録されました。
持ち前の性格とあどけない笑顔で、木村沙織選手は、スーパー女子高生と呼ばれるようになります。
ワールドカップの試合中も、この呼び名で木村沙織選手は大ブレイクしていました。
その後、木村沙織選手は2003年春高バレーで優勝を収めています。
その後にやってきた、春高バレーでは大会3連覇を目指し木村沙織選手は決勝に進出します。

木村沙織の実力はそのプレイを見ていても明らかです。
スパイクを決めた直後に味方選手の足を踏み、木村沙織選手は右足首を捻挫してしまうのです。
木村沙織選手は、成徳の二連覇に貢献したといっても過言ではないという声が上がったほどです。
今でこそ一流として有名な木村沙織選手ですが、ここに到るまでには多くの苦労があったのだと思います。
木村沙織選手の実力などに関しては、インターネット上などでも評価されていますのでチェックしてみましょう。

DMMの動画を見る アイドルCH    
posted by まき at 23:41| Comment(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする