2017年04月15日

木村沙織選手の有名語録


当時は、ワールドカップとオリンピックってどう違うのかと、木村沙織選手が記者団に尋ねていることがありました。
ほとんどが、メディアに露出した際のものが取り上げられています。
女子バレーボールのシーズンになると、木村沙織選手の試合などが毎日のように取り上げられたりします。
世界一になるのは難しいことですが、それでも最近の木村沙織選手を初めとした女子バレーボール界は力を付けてきているように思えます。
中でも木村沙織選手は、当時は女子高生としてワールドカップの試合に出ていました。
木村沙織選手のように、輝かしい成績を残せば残すほど、その選手の言葉は広く扱われます。
その後、木村沙織選手は2006年世界選手権に出場しました。

木村沙織選手の語録は、とても純粋なものばかりのように思います。
実際に、木村沙織選手は話題先行型ではなく、実力の伴った選手です。
この試合での木村沙織選手のアタック決定率はチームトップでした。
サービスエースも決め、木村沙織選手は初めての白星に大きく貢献しています。
木村沙織選手の活躍は、リーグ前半を戦い抜くための、快進撃の原動力となったといっても過言ではありません。木村沙織選手の語録は、その多くがインターネット上に寄せられたものです。
他にも、 木村沙織選手の服装がシックだとインタビュアーに言われ、シックとは何か聞き返す一面もあったようです。
もしかしたら何かヒントになるようなことが隠されているかもしれないので、色々と調べてみると良いでしょう。
後に、天皇杯、皇后杯全日本バレーボール選手権大会で優勝し、木村沙織選手のいるチームは、初代チャンピオンとなりました。

木村沙織選手の語録などは、これらの成績があって初めて残ったものなのでしょう。
木村沙織選手のほかにも、こうした語録を残してる選手はたくさんいます。
もちろん活躍が認められ、木村沙織選手は同年のワールドカップにも出場しています。

DMMの動画を見る アイドルCH    
posted by まき at 23:21| Comment(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする