2017年04月12日

木村沙織のオリンピック戦歴

木村沙織がオリンピックで出場したとき、非常に注目を浴びていました。
高校に進学すると、木村沙織選手は、一流選手の仲間入りを果たします。
そんな木村沙織選手の初めての対戦相手国は、イタリアでした。
日本代表として初めてオリンピックのスタメンとして出場した木村沙織選手。
その試合では色々とありましたが、全日本女子チーム2大会ぶりのオリンピック出場に貢献しています。
ですが、当時から木村沙織選手の実力は確かなものがありました。
後に木村沙織選手は、決勝戦の中国対ロシア戦を会場で観戦したときにメダルが欲しくなったといっています。
木村沙織選手もスポーツ選手ですから、やはりライバルの活躍に刺激されることでモチベーションが上がるのでしょう。
ですが、高校最後の大会となる全国私学大会の頃には、木村沙織選手の腰痛はさらに悪化していたそうです。

木村沙織がオリンピックとして出場したアテネ大会のとき、ヘルニアと診断されています。
当時の木村沙織選手は、腰の状態が非常に悪く、立つのもままならない状態だったといわれています。
当時の最高峰のプレーを目の当たりにした事で、木村沙織選手は、初めてメダルへの執着心をもったというのです。
ですが残念なことに、日本は予選落ちとなり、木村沙織選手も目立った活躍は出来なかったのです。
木村沙織選手は、当時のオリンピック終了後、スリランカで開催されたアジアでのジュニア選手権に出場しました。。
木村沙織選手はその後、インターハイの関東予選に出場していますが、予選敗退。

木村沙織がオリンピックに出た当時の情報などはインターネットなどで調べることができます。

DMMの動画を見る アイドルCH    
posted by まき at 22:51| Comment(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする